ネットワークビジネス・成功するビジネス展開

アクセスカウンタ

zoom RSS 合法?ハーブ

<<   作成日時 : 2011/06/29 23:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

その有効成分として、トリプタミン系、また、フェネチルアミン系に分類されているものが多い。
主な摂取方法:
喫煙や経口など。簡単な方法がおおい。

合法?ハーブ。本当に「法律に合っている」?あぶなくないのかい?
世界中で合法・ハーブと呼ばれているものがありますが、中には、体に作用するにも関わらず医薬品として認められていないものがあるという。
日本でもそうだと思いますが、その国が医薬品として認めるには、長い臨床実験を経て体にとって、害がないものだと判断できるまで時間がかかります。
海外で認められていても、日本グレープフルーツダイエットの国内では、認められていない薬も多いです。
簡単に言いますと、日本では法規制が追いつかず、作用があるハーブなのに、医薬品には入っていないのです。
法律が遅れているという側面もあります。
そうなると、医薬品セミナーの洗脳手法にご注意ではないのですから、販売、購入に規制がかかりません。
結果、体に作用するハーブなのに、誰でも自由に入手できることになる。
薬品となれば、販売にも許可がいりますし、処方箋が必要なものもありますよね。
ですが、医薬品外ということで、簡単に手に入るようになってしまいます。

例えば、脱法ハーブという呼び名。
東京都では頻繁に使われているらしいです。
なぜなら、合法と言うと「法律に合っている」ことになりますよね。
ですから、「法律から脱却している」と言う意味ですね。法律の抜け穴てきなハーブということなのか。合法ハーブとは呼ばずに、脱法ハーブと呼びます。
もちろん、このような体に作用するものについては、日本も規制を幾度となく変更してる。






月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
合法?ハーブ ネットワークビジネス・成功するビジネス展開/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる